スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高齢者運転の暴走車 その2

有名なBLOGOSでも
高齢者ドライバーの事故、自動運転で解決する?
ってエントリーがありました。元々はTHE PAGEという、これも有名なニュースサイトの記事の様です。

私のこの前の記事と同じく、多分言いたい事の説明がもどかしいのか、説明しなければならない背景が多すぎるのか、記事として説明不足の感は否めません…って俺が云うな(^^;)。

多分、高齢者の暴走事故対策という命題が、取り扱わなければならない事象が多すぎて、説明ばかりとなってしまうため、結論に到るまでの説明で力尽きてしまうのでしょう。

皆さんの関心が多い事項であるためか、コメントがまた、多い。読むだけで相当大変です。
まあ、難しい問題だし、思っている事も人それぞれ違いますからね。

中には、私同様、高齢になったら免許剥奪って強硬派の人もいますね。
すごい少数派だと思いますが。
現状、それ以外に事故を防ぐ手立てが無い以上、仕方ないんじゃないでしょうか?

少し前のマンガですが、くさか里樹さんという方が描かれた、『ヘルプマン!!』というのがありまして、介護の現場のコミック化です。
その第2巻と第3巻が、 [高齢ドライバー編]。





何故かAmazonでリンクをつくってもちっとも表示されないので、仕方なく楽天ので。

作中、「全ての認知症の高齢者が事故を起こすわけではない」とか、色々とカッコイイセリフを言うんですが、結局免許を返納させる。本人が納得した上で。代替案は、試乗会に行かせる事だけ。それが秘策

それだけ?
『認知症ドライバーは適切なナビゲートさえあれば…そこいらの思い上がったドライバーよりよほど安全なんだよ!』
とか言っていて、それは無いんじゃ無いかな?

『どうしても免許を取り上げたきゃ…もっと敬意を払え!!』って?
正直、作者の人が何を云いたいのかさっぱり分かりませんでした。
かなりがっかりしましたね。解決法でもなんでもないじゃん。

まあ、本文でも『結局生活の足のことは何ともなんないわけでしょ?』って書かれていますがね。なんだか…。

でも、この本自体はとても丁寧に描かれていて、主人公の言う事に納得は出来ないけど好きな本です。

表紙に書かれていることはウソかもしれませんがね。
『高速道路を逆走するのはみんな認知症なのか!?実際はわずか12.1%だっ!!』

…これねぇ、 〔2015.1.29.日経新聞:社会1面〕の
昨年、全国の警察が把握した高速道路での車の逆走は224件で、運転手が認知症だったケースが12.1%に当たる27件に上ったことが28日、警察庁への取材で分かった。
逆走で認知症の割合が年間1割を超えたのは、統計がある2010年以降初めて。
人身事故22件のうち22.7%(5件)は認知症だった。
がソースのようですが、その後にはこう続いていました。

全体では、67.9%の152件で65歳以上の高齢者が運転手だった。
年齢層別の内訳は、70代が74件で最も多く、80代が60件、40代が18件で続いた。
認知症は家族からの聞き取りで分かり、70代が14件、80代が9件、60代が4件だった。

その前にこんな記事もあります。
高速逆走の7割、65歳以上…うち37%に認知症疑い 国交省も本腰

はっきりと認知症だと分かっているのが12.1%というだけで、三分の一以上の37%の人が認知症疑い、また、7割が65歳以上の高齢者。こちらについては目をつぶってはイカンと思います。さもないと、只のダブルスタンダードになってしまいますよ。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

ご来場者数
プロフィール

ZZ

Author:ZZ
ZZ(じーじー)と呼んで下さい。主に趣味の事を中心にあった事や思った事をだらだらと綴っています。Zaurusネタから自転車へ(もうZaurusも使わなくなっちゃいました)。
FC2以前のはてなブログこちら です→復活しちゃいました~( ̄▽ ̄;)。

↓よろしければポチッとお願いします(_ _)。
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter

ZZ < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
Rakuten
楽天
Amazon
PC
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。