早期英語教育は本当に必要なのか?

今日近くの自転車屋さん(いわゆるプロショップ)に行ってきたのですが、プーリーの在庫は置いてませんでした。仕方なく注文して貰う事にしました。3000円+消費税ぐらいのお値段。

さて、今日はこれまで殆ど書いた事が無いことジャンル。以前に使っていたはてなの方では何度かネタにはしていたようです。そこでも数度書いていますが、私は早期英語学習反対派です。最近の様に小学生に英語を教えるなんて百害あって一利なしと思っています。何故なら、人間の脳って、そんなに都合良く出来ていないと思うからです…。

ある、教育熱心な母親は考えた(まあ父親でもいいんですが)、
「私はこれまで英語を中高大と10年間勉強してきたのに殆ど話せない。きっと、もっと小さい頃から、そう物心つく前から自然に耳から入る様に聞いたり話したり出来ていれば英語がもっと話せる様になるに違いない」と。
実際、私の会社の上司(男性ですがね)はそう考えているようです。

でも、母語(母国語とはちょっと違います)が定着する前に外国語を習得しようとしてもそう簡単には出来ません。日本国内で日常生活の殆どを英語しか聞こえない様にする事って出来ます?ほぼ不可能ですよね?殆どの会話が日本語のみで成立する日本国内では「自然と」英語が身につく環境には出来ないでしょう。

そう、早期英語学習賛成派の人達が大好きな「帰国子女」でもない限り無理なんですよ。そして、その帰国子女の人達が実際は大変苦しんでおられると言うことを知っているのでしょうか?

早期に英語が話せる様なった子どもは、かなりの高率で日本語の能力が下がります。聞き・話す事は出来ても読み・書くことが出来なくなります。これは英語学習に関する本を読めば必ず出てきますし、私が好きな河合薫さんも実経験として語っておられます。

私は日本語すら話すのが苦手なので、とにかくリテラシーそのものを高めなければと思って、大学時代は英会話をサークルで行ってきました。ESSってヤツですね。そこで思ったことは、「英語(英会話)は学べばそれなりに話せる様にはなる」と言うことでした。

中高で学んだものは英語、英文学と言っても過言でないでしょう。良く、それは不要なものの様に言われますが、そんなことはありません。外国語を学習する時には、きちんとした母語を習得した後に、頭で理解します。
つまり、単語や熟語を学んで、文法を用いて言語を用いる。慣れる事も必要ですが、習う事も重要なのです。母語と同じように用いれる様になる必要な無いと思います。

てなことを、河合薫:「英語が話せなきゃ…」 子供を不幸にするオトナの無責任な英語至上主義を読んで思いました。

ご来場者数
プロフィール

ZZ

Author:ZZ
ZZ(じーじー)と呼んで下さい。主に趣味の事を中心にあった事や思った事をだらだらと綴っています。Zaurusネタから自転車へ(もうZaurusも使わなくなっちゃいました)。
FC2以前のはてなでのブログはこちら です→復活しちゃいました~( ̄▽ ̄;)。

↓よろしければポチッとお願いします(_ _)。
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter

ZZ < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
Rakuten
楽天
Amazon
PC