続々、読書のススメ

昨日書いた文章の続編、かな?
電子ブックって言ってたのに図書館編。

つっか、今日図書館行って借りてきた本達。

1.トコトンやさしい5Sの本
仕事関係。ISOとか5Sとか色々とやろうとしているので、その理解を深めるため。

2.ものづくりの英会話
1.の続きだけど仕事と趣味の英会話と。どっち付かずになる可能性大だけど(笑)

3.よくわかる!英文法の基本ポイント10
趣味の英会話。CD付きは有り難いけど、Lesson59迄あるのにどうやって2週間で読み切れるのか?

4.イチバン親切な油絵の教科書
やっぱり趣味と仕事の本。一通り絵の描き方や画材などを勉強しないといけないので。先ずは油絵から

5.似ている英語 
息抜き。2枚の写真を左右に配置している。一応英語の勉強ではあるが、日本で撮った写真に日本語での説明。この説明のコラムは面白いけど英語の勉強にはならないと思う。

読書のススメ、続き

オーディオブックについて、多少詳しく書いてみようと思います。
整理しながら。

『聴く日経』。以前のブログ(趣味と仕事の狭間で-ZZ’s diary)によると、2009年から有料化されたようですね。
定期配信番組

8年前はZaurusで聴いていたのですが、今はスマホです。通勤の電車に乗っている30分ほどの絶好の時間潰し。
純正アプリはリモコンに対応していない、というよりスマホ用Bluetoothヘッドホン用のリモコンって、Google Player以外にはたいおうしていないんちゃうかな?って理由でmp3を毎朝ダウンロードしています。
サイトのリンクをタップして、ダウンロードボタンを押すだけ。手作業ですが、鬱陶しいと感じるほどでも無いし、これで十分。

サイトはFeBe。三大オーディオブック提供会社らしいです。
オーディオブックで一番良さげなのはAmazonだとのこと。
でも『聴く日経』を提供しているのはここしかないんだな。で、乗り換えは出来無いので仕方なく継続して契約・使用いたします。

『聴く日経』以外に、現在保有しているのは9冊だけ(少なっ!)。

世界史の極意 648円(価格 :1,296円)
未だ読んでおりません(_ _)
経理以外の人のための日本一やさしくて使える会計の本 540円(価格 : 1,080円)
お話が良く出来ていて面白い。
頭がいい人の敬語の使い方―仕事がデキる人間が使う究極の話術 648円(価格 : 1,296円)
敬語の説明はそれなりに良いけど、この本の話し方自体が?のレベル。話術は一切無し。看板に偽りあり
販売価格合計: 1,836 円、ポイント割引: -410 円、決済金額: 1,426 円
※新書100作品全品半額キャンペーン+3冊以上購入で500ポイント

思考の整理学 800円(価格 : 1,080円)
まあ、こんなモノかなぁ。私には有用性低かった
販売価格合計: 800 円、ポイント割引: -510 円、決済金額: 290 円
シャーロック・ホームズの冒険(レベル3) 648円(価格 : 648円)
シャーロキアンと言わずともファンなら
販売価格合計: 648 円、ポイント割引: -410 円、決済金額: 238 円
日本小史 改訂増補版(レベル5) 648円(価格 : 648円)
意外と良かった。
販売価格合計: 648 円、ポイント割引: -405 円、決済金額: 243 円

スティーブ・ジョブズ・ストーリー 756円(価格 : 756円)
ジョブズの話。知らない話は無かったけど
販売価格合計: 756 円、ポイント割引: -400 円、決済金額: 356 円

アラビアンナイト 900円(価格 :926円)
意外と良かった。同じタイトルのが幾つもあるけど、これが一番安い。多分、みんな同じもの。
販売価格合計: 900 円、ポイント割引: -700 円、決済金額: 200 円

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら 930円(価格 : 1,728円)
まあまあ。アイデアの勝利的な感はありますが、お話としても良く出来ています。AKBより声優さんを使って欲しかったけど。
販売価格合計: 930 円、ポイント割引: -750 円、決済金額: 930 円

タイトルの前の記号がオススメ度合い。
□:未読、◎:オススメ、○:まあまあ、▲:普通、×:ダメ
表題の下が一口コメント。

それと、ジブン的に気になったので、それぞれの購入価格。
全然定価で買っていないよな、さすが俺(笑)。
今月買った新書のは、半額キャンペーンだったので、紙の本より安かった(電子本よりも安いかも)

前の記事で、年に一度、500円のポイントをくれるって書いたけど、バースデーポイントは400円分でした。

ここン所、政治ネタばかりだった事もあり、ベタテキストだけで書いていましたが、久々にちゃんとリンクとか装飾を使ってみました。
次は電子ブック編を書いてみようかと思っています。

…オーディオブックと言えば、毎週NHKの入門ビジネス英語もダウンロードして聴いているのでした。
ストリーム版をmp3で。
違法ダウンロードですねぇ、きっと。
でも、自分でストリームから生成しているので、厳密には違法ダウンロードではなく違法コピーかな?
有志の方が提供されているプログラム(もう無いみたい)を色々と苦心して使える様にした覚えがあります。
この話は長くなり過ぎるので、またの機会にお話しします。
良くある風に言えば、入門ビジネス英語のオーディオデータを聴ける様になったのはまた別のお話(笑)。


読書のススメ

読書、色々と形を変えて何とか行っています。

1.電子ブック
かなりなアプリを使用して、主にタブレットで使用しています。メインはNHK英会話のテキスト。
メインはSONYのReader。初めに使った(タブレットに付いてた。SONYのタブレットだったから)と言うのもありますが、チョイチョイと少額のクーポンくれたりする。
他にhonto。これは実書店との連携がウリ。リアルの書籍を買う事は少なくなったが、図書カードを貰う事があるので、それの消費のため。
KADOKAWAのWALKERもチョイチョイ。角川の本を、月次会員になったら半額で買える(500円で1000ポイント貰える)ので、角川の本のまとめ買いとかがあれば。只、ここのNHK英会話のテキストはリフロー版で無いからメチャクチャ見づらい。一冊買ったけど二度と買わん。
楽天Koboも意外と悪くない。よく探せば日本で発売してはならない本が売られていたりする。まあ、インターネット時代にそんな事を云う事自体どうかとは思うけど、それでも本の形態を取っているのはやはり違うと思える。期間限定ポイントの消費に。
後、云わずとしれたkindle。殆ど使っていない。プライム会員とかで無いとメリット乏しい。

2.オーディオブック
『聴く日経』を新聞代わりに聞くために取っている。供給元はfebe。
時折ポイントバックを多くしたり、割引率を多くしたりとかのキャンペーンをしている。
また、聴く日経は月500円程度のサービスだけど、年に一度、500円のポイントをくれる。それを使用して、安い本を買ったりしている。それで良かったのは、
『アラビアンナイト/菊池寛』。1000円もしないのに4時間近く。コストパフォーマンスはすこぶる高い。朗読も上手。
他には『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら/岩崎夏海』
これも6時間以上で1700円程度と書籍版と変わらない価格。いくらで買ったかおぼえていないけど。
朗読はAKB48の仲谷明香。誰それ?だけど。下手ではないけど上手くもなかったと思う。
最近良かったのは
『経理以外の人のための日本一やさしくて使える会計の本』一応経理の人なので今更だけど非常に分かりやすい。
原作が良く出来ているのだと思うけど、朗読も上手い。
今一つだったのは『思考の整理学/外山滋比古』。有名な本だったので、どうかなと思ったら、内容が古いのもあるけど、それより、整理学に全然なっていないと思う。学問と云うからには体系的になっているべきだと思うけど、それが、ちょっとな、だった。
他にも未読(未聴?)のがあるけど、時間が無い。

3.図書館
最近の図書館はインターネットで予約出来たり、返却も市内のどの図書館でも良かったり、駅近の返却ポストで良かったりと、サービスの向上著しい。
けど、これまで3週間借りれたのが2週間になってしまったのは非常に残念。仕方ないけど。

形はどうあれ、知を付けて行きたいものですね。





ネットで見つけた記事などなど

昔に書いて放ったらかしにしていた記事シリーズ。
--
小田嶋隆:ベビーカーが載せているのは「マナー」ではない
日経ビジネスに掲載されているコラムです。
小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明
というシリーズのようですが、小田嶋隆って方は知らなかったのですが、面白いですねぇ。ちょっと軽い感じが好きです。

もうひとつはJ-CAST会社ウォッチに連載されていた(残念ながら今週で終わってしまったそうです)
債権回収OLのトホホな日常
--
とまあ、ここまで書いて、またほっぽっていました。
何が書きたかったのか、さっぱり分かりませんねぇ。
でも、幸い両方ともリンクが残っていたので乗せておきます。

多分、何か言いたいとかじゃなくって、自分が面白いと思ったものにリンクを貼って保存したかったのと、それの紹介ですね。その時つけてたカテゴリーも「読書」になっていますし。厳密には読書では無いでしょうけど。

電子ブックがほしい~☆

今日は朝から60kmばかり走って来ました。
装いは、
●アンダーアーマー のタートルでないやつ
●パールイズミ アタック ジャージ
●BBB レースシールド グローブ
●dhb Pace Roubaix Bib Tight with Pad
でした。上は30分走ったら暑くなったので、12度程度ならもう少し軽くてもいいかな?
アンダーアーマー+ウィンドブレーカーぐらいで。
手袋は逆にちょっと寒かった。といっても次のは完全に冬用しか無いのだな。シューズはシマノのMTB用SH-MT42。通勤にしか使っていなかったけど、防寒性能は高いので冬はロードでも使おうかと思います。

今日のネタは自転車とは全然違うんですが、以前にこんな記事を書いていました。
--
新しいものというかガジェット好きな私としては、昔から電子書籍には関心がありました。
随分以前には、Panasonicとどこかが主導権争いをした(ソニーだったか?)りしていましたが、その機種や規格はどちらもメジャーとなることなく衰退してしまいました。

時は移り、AmazonのkindleやiPadが人気を得ると、日本勢も再び勢いづいてきましたが、規格もさることながら、これまでは電子書籍の価格が高すぎることがその普及を妨げていたことは想像に難くありません。

電子書籍を読むには、現在では基本的にハードウェアを必要とします。つまり、初期投資がリアル書籍より必要なのにも関わらず、たいていの電子書籍はせいぜい一割引程度の値段でしかありません。時には一割り増しのものまで見受けられます。

また、コミックや流行本などは一般の書店では人気が無くなると速やかに返品され、一般書店での流通が無くなり、中古本屋でせいぜい三分の二。時には一冊100円で売られてしまいます。

そんな本に対して、初期の価格で買いたいという人は少なかろうと思います。少なくとも私は出しません。ですので、電子書籍端末の価格が安くなる事もですが、書籍自体がリアル書籍より安く購入できる事は必須だと思います。

只、電子書籍には、場所を食わないという圧倒的なメリットがあることは否定できません。ですので、旧本は当初の半額から三分の一程度の値段であれば、値頃感もあるかなと思います。コミックスで100円から200円程度ですね。出版社や作者にとっても、書籍の製造経費と書店や流通卸へのマージン、流通経費を抜けば、そのぐらいでも十分にペイするのではないかと思うんですが、如何でしょうか?新刊本ならリアル書籍とほぼ同じでOKだと思います。

で、ハードウェアなのですが、楽天の例のは論外として、新製品が出たソニーのリーダーとAmazonのkindleには期待しています。といいながら、これまでのザウルス文庫の書籍があるので、XMDF形式をサポートしているリーダー以外はちょっと考えにくいんですが( ̄▽ ̄;)。

↓楽天の例の。普通に考えたら、これはちょっとってコメントばっかりです。


ソニーのリーダーが新発売という記事(→こちら)。詳細は、ITmediaのソニーの「Reader PRS-T2」をいち早く使ってみたを読んだら欲しくなっちゃいますね、これ。色々と検討中です(笑)。koboと2000円しか価格差がないのにこれまでずっと蓄積してきたソニーの技術が入っているから。koboに3000ポイントのバックがあってもリーダーにしますね。
でも、本命としては Sony Tablet P を検討中。うーん、悩ましいなぁ。
--
で、ここまで書いてうっちゃっていました。記事をまとめ切れずにほっといたら事実の方が進んでしまったというお話でした(笑)。Sony Tablet P、もう買っちゃったし。kindleも発売されたし。
しかし、Sony Tablet PにプレインストールされているソフトウェアのReaderにはエラい欠点というか、問題が潜んでいたんでした。と云う所で以下次回。
放ったらかしといた割りには引っ張るな、オイ(笑)。

そうそう、はてなの方のブログを再開しました。あっちはちょっとまとめっぽくするつもりです。どうなる事やらわかりませんけどね。
ご来場者数
プロフィール

ZZ

Author:ZZ
ZZ(じーじー)と呼んで下さい。主に趣味の事を中心にあった事や思った事をだらだらと綴っています。Zaurusネタから自転車へ(もうZaurusも使わなくなっちゃいました)。
FC2以前のはてなブログこちら です→復活しちゃいました~( ̄▽ ̄;)。

↓よろしければポチッとお願いします(_ _)。
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter

ZZ < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
Rakuten
楽天
Amazon
PC